ノーコードでワードプレス

0からホームページを作るために必要なもの

投稿日:
カテゴリー:

ホームページを作るために必要なもの

1.ドメイン

2.サーバー

3.ホームページに載せる文章や画像などの情報

補足1

ホームページを公開するというのは、ホームページ用に作ったデータをサーバーにアップロードして、誰でも見られる状態にすることを言います。

文章や画像などの情報をHTMLという形式にまとめて、サーバーにアップロードすると、ホームページになります。

ドメインというのは、rindouwebdesign.comやyahoo.comのような、名刺などに載せるURLのことです。

ドメインという住所と、サーバーという土地の2つがあることで、閲覧者は、ホームページにたどり着くことができます。

補足2

ワードプレスとは、ホームページを作るためのソフトです。ホームページビルダーのようなものです。厳密にはこの2つは違うのですが、大体同じです。

どちらもサーバーを自分で借りるタイプのホームページを作るときに利用するツールです。

Jimdo、Wix、アメーバオウンド、STUDIO、ペライチ、WordPress.comなどは、サーバーとホームページ作成ツールが一体化したサービスです。

これらのサービスでは、サーバーを借りずに、サービスに登録することでホームページを作ることが出来ます。

サービスを利用する場合は、SEO(検索エンジンに見つけてもらうための施策)という点から、Jimdoかペライチがおすすめです。

補足3

ワードプレスには2つの種類があります。サーバーを借りるタイプのホームページに使う、WordPressというソフトと、Jimdoなどに似た、WordPress.comというサービスの2つです。

WordPress.comは、制限が多くて使いにくいのと、デザインが外国風なので、あまりおすすめしません。

ただし、かなり後からの説明になりますが、プラグインとして使うのには便利です。ですのでアカウントだけ登録しておくのは損ではありません。課金はしない方がいいと思います。

ドメインとサーバーの選び方

ドメインとサーバーの選び方のコツですが、みんなが使っているものを選ぶのが一番です。

ここでは10年以上の実績があり、日本人に多く使われていて、有名な3つのサーバーをご案内します。

1.エックスサーバー

2.さくらインターネット

3.ロリポップ!

エックスサーバーであれば、1,000円程度、さくらインターネットは、500円程度、ロリポップは200円台からの月々の費用でワードプレスのホームページを運用することが出来ます。

この3つのサーバーでどれを選ぶべきかのポイントは、ホームページの表示スピードとバックアップ機能の2つです。

表示スピードが速くてバックアップの機能がきちんとついていて、一番安心して使えるのはエックスサーバーです。

さくらインターネットは、メールサーバーのバックアップ機能はありません。サーバーの内容については、自分でスケジュールを設定するか、手動でバックアップをとることが出来ます。さくらインターネットはコスパがいいと思います。

ロリポップのバックアップ機能にはオプション料金がかかります。また、メールサーバーのバックアップ機能はありません。200円台のプランは表示スピードは速くありません。

補足1

一つのサーバーに、複数のホームページ(ドメイン)を置くことが出来ます。aizuwakamatsu.com、kitakata.comを同じサーバーに置くことが出来ます。

また、info@aizuwakamatsu.com、furukawa@aizuwakamatsu.com、suzuki@kitakata.comのように、ドメインを使ってメールアドレスを作ることが出来ます。

ただし、一つのドメインのワードプレスが攻撃された場合、同じサーバーにある他のドメインのワードプレスにも影響が出ることがあります。

ドメインについて

ドメインとサーバーはセットで使うことになります。ですので、どのサーバーを借りるかによって、どのサービスでドメインを契約するか決まります。

エックスサーバーとさくらインターネットは、サーバーと同じアカウントでドメインの契約が出来ます。

ロリポップは、ムームードメインというサービスと連携しているので、ロリポップでサーバーを借りる場合は、ムームードメインでドメインを取得するのがおすすめです。

補足1

サーバーはエックスサーバーで契約し、ドメインはさくらインターネットで契約する、というあべこべな契約の仕方でも、紐付けて利用することは可能です。

管理の都合で、エックスサーバーでサーバーを借りる場合は、ドメインもエックスサーバーで契約することをおすすめします。

サービスによって、ドメインの管理料金が多少変わるので、バリュードメインなどの安いところを選ぶのも一つの方法です。

ただし、お名前.comはおすすめしません。

ドメインというのは、オフィシャルなものなので、「持ち主が誰です」ということを世界に公開する必要があります。

しかし、個人の住所が公開されるのはまずいので、ドメインを提供するサービスの住所を利用する、代理公開という方法をとることができます。

多くのサービスでは、代理公開を選択するのにオプション料金はかかりませんが、お名前.comはオプション料金がかかります。

ホームページ制作リンドウのアバター